【推拿(すいな)】『按法』

推拿(すいな)の手法に「按法」があります。
身体の様々な部分を使って『按』(=押す、推す、圧をかける)するのです。

使うのは、
掌の広い面(掌面)、
手根部、拇指球、小指球、拳の関節部、
前腕部、肘、
拇指の指腹、拇指の指尖、その他の指の指腹、指尖、等。

日本で最もポピュラーなのは、
拇指の指腹で押す「指圧」になるでしょう。

私は、数名の指圧師(有国家資格者)の指導をさせて戴きましたが、
指圧の「圧」と推拿の「按」は別物だと思っています。

リラクゼーションマッサージで使われている親指押し、
主に体重押しのようですが、
これと指圧は似ているのかもしれませんが、
推拿の「按」は推拿を他の手技との違いを特長的なものだと、
ここ近年はそう思うようになってきました。

『天と地と人』
という屋号でこの空間を始めましたが、
これは推拿の施術にも通じる概念です。

人は、
「自分が自分の力で生きている」
などと思いがちかも知れませんが、
もちろんこれは真理ではありません。

天(宇宙)からの「気(生命エネルギー)」と、
地(地球)からの「気(物質的なエネルギー)」を、
合わせて受けながら活動出来ているのです。

推拿は本来、
この『気』の概念を利用して、
「人」である自分の中の『気』を留めることなく、
『天』と『地』の力を借りて、
他の「人」の『気』を補ったり、取り除いたりして、
波動させる手法なのだと思っています。

写真のように「按」する『拇指按法』は、
いわゆる「ツボ(経穴)押し」によく使われます。

この写真では、
私は座っているので、
もちろん体重をかけて推している訳ではありません。

肘を伸びきらせて推してもいないので、
肘の関節には余裕があり、
さらに患部の深いところ、
筋肉の深部に入ることが出来ます。

拇指や他の4本の指にも、
無駄な力は入っておらず、
緊張もしていません。

なので、
「按」している拇指が、
痛くなるということもないのです(長時間行えばそれなりに疲労しますが)。

前腕も上腕にも余分な力や緊張はありません、
肩の力を使ってもいないので、
肩も肘もむやみに上がったり力んでもいません。

むしろ、
力んだり緊張したり、
自分の「気」が上に上がると拇指の先に「気」が通らないのです。

だから、
私の意識は主に3点、
「拇指」「丹田」「足裏(座っている場合はお尻)」、
それ以外は「気」の通り道だと思っています。

これは、
誰(人)に教わったわけではなく、
「天」と「地」から伝わったものです。

これから『推拿(すいな)』に出逢う皆さんに、
推拿の素晴らしさと、
指圧やマッサージなど他の手技との違いを、
わかりやすくお伝えして、
理解していただけるように活動していきます。

最後まで読んで戴いて有難うございました。 天と地と人 推拿(すいな)の信長正義